ファミリービジネスのガバナンス

ファミリービジネス(同族経営会社)は、価値観やビジョンを共有し、レガシーを築くために尽力する点においてユニークです。しかし、適切なガバナンスと後継者計画(サクセッションプラン)が無ければ、その将来を危険にさらすことになります。

ファミリービジネスでは、メンバーが同族の内外で活躍する機会を作りながら長期的に財産を見守っていくため、人間関係が絡み合ってきます。そして株主の数が増えれば増えるほど、その関係は複雑になっていきます。当社は、ファミリービジネスがこうした独特の課題に対処できるよう、情報に基づいた客観的なサポートを提供します。

ファミリー経営を維持

すべての会社は変化に直面します。ファミリー経営の会社では、事業統治を維持したいという思いがことさら強いものです。事業を同族の手元に維持するための鍵は、適切なガバナンスを効かせることと、現在の経営陣の後を継ぐのに最も適したリーダーを選ぶことです。

次世代への会社引継ぎを成功させる

リーダーシップの引継ぎは、どの会社でも複雑な問題ですが、ファミリー経営のビジネスではそれがことのほか複雑です。経営陣は、同族持株会社、事業会社、ファミリーオフィス、その財団など様々なレベルで、よく考えられた後継者計画(サクセッションプラン)を用意しておく必要があります。

ファミリーの価値を守る

ファミリービジネスの強みは、その家族のルーツと共有された歴史に由来しています。しかしその一方で、ビジネスを発展させ、ある世代から次の世代へと引き継ぐ必要があります。様々な段階にあるファミリー経営の会社が、このバランスを上手にとろうと、それぞれ独自の解決策を生み出してきました。当社は、家族(同族)それぞれの独自な事情を鑑み、最も適した解決策を推奨し、この課題への対処を支援します。

 

70%

80-90%

世界の年間GDPの70%を、ファミリー経営会社が生み出しています

3代目、4代目の同族所有会社の失敗率は、80-90%に達しています

Speak to a consultant
rra-image-asset-350.jpg

Partners in Possibility

Get in touch to discover how we can help bring the future into focus - for you, your people, and your business.