ダイバーシティ

カルチャー(企業文化)に対する企業のアプローチは、株主からの期待の高度化や、ダイバーシティ、エクイティ(公平性)、インクルージョン、および企業の社会的責任の重要性への注目度が高まるにつれ、変化してきています。

人々が職場のカルチャーに新たな関心を寄せていることは、企業にとって、カルチャー面での成功のためにリーダーシップのあり方を刷新する機会となっています。最終目標は、財務上および事業運営上の成功を可能にする、強力で包摂的(インクルーシブ)なカルチャーです。

当社が持つ最先端のカルチャー・アナリティクスのアプローチは、財務の健全性やサステナビリティなど、企業の様々な優先事項に対して、従業員がどの程度足並みをそろえているかを測定するものです。その結果により、リーダーは問題が発生している場所と原因を迅速に特定することができます。

組織のカルチャーを改善

自社の従業員がどのように見え、どのように聞こえ、何を考えているかをご存じですか? 従業員は自らの仕事、同僚、そして雇用主についてどう感じているでしょうか? 強い企業カルチャーは、従業員が最高のパフォーマンスを上げるための力となり、弱いカルチャーは不満をもつ労働者や求職者の恰好のターゲットになります。当社は、組織内で何が起こっているのかを診断し、会社がそれを改善する手段を講じることを支援します。

DE&I(ダイバーシティ、エクイティ、インクルージョン)とエクイタブルサーチの目標

CEOとそのチームおよび取締役会には、自社の従業員達が世界の多様性を反映していることを担保する責任があります。多様性に富み包摂的な企業カルチャーは、競争の激しい市場において人材を歓迎する環境を作り、創造と革新(イノベーション)を推進する、結束力のある統一されたチームを創り出します。

リーダー達の包摂的カルチャー創造を支援

強力で包摂的なカルチャーは、トップから始まります。幹部社員は、チームの効果を高め、自らが手本となってチームをリードするために、一貫性のあるカルチャーと価値観を身につけなくてはなりません。当社は、リーダーの方々がカルチャー、価値観、ダイバーシティについて語るスキルを身に着けるよう支援します。

Speak to a consultant
rra-image-asset-350.jpg

Partners in Possibility

Get in touch to discover how we can help bring the future into focus - for you, your people, and your business.