Hogan Assessment Systems(ホーガン・アセスメント・システムズ)

経営幹部人事の任命・採用成功率を高め、新進のリーダーの育成を加速するための世界的な独占的パートナーシップ

2016年以来、RRAとホーガン社は連携し、個人とチームレベルの両方で経営陣のパフォーマンスを推進するように設計された多数の革新的なソリューションを生み出してきました。
私たちは共にリーダーシップ、DE&I、トップチームのパフォーマンス、およびESGを取り巻く課題に対処し、マーケットをリードする経営者人材を見出しました。RRAとホーガン社は、2020年11月にこの独占的提携関係をさらに拡大することを発表しました。
継続的なパートナーシップは、エグゼクティブサーチと継承に関する上級管理職と取締役会へのアドバイザリーにおけるRRAの深い知見と、ホーガン社の市場をリードする一連の評価手段、データ資産、および科学的インサイトを組み合わせたものです。

United Nations Global Compact(国連グローバル・コンパクト)

持続可能なビジネスリーダーの属性を定義するために提携し、上級管理職と取締役会のリーダーがどのように選ばれるかを根本的に再考するよう促します

2020年半ば、国連グローバル・コンパクトは、RRAと共同で「行動の10年に求められるリーダーシップ (Leadership for the Decade of Action)」と題するレポートを発表しました。
この初めてのレポートは、持続可能なビジネスリーダーが持つ独自の特徴を定義し、上級管理職と取締役会のリーダーがどのように選任されるかについて根本的な再考を促します。
これは、企業内外のより広範なエコシステムで、世界の長期的な持続可能性と回復力をビジネスの最優先事項にするために、短期的な利益を超えて目を向ける変革的なビジネスリーダーの緊急の必要性を明らかにしています。
このレポートは、2021年6月15日に開催された国連グローバル・コンパクト20周年記念リーダーサミットで、国連グローバル・コンパクトの元CEO兼常務取締役であるリセ・キンゴ氏とラッセル・レイノルズ・アソシエイツのCEO(当時)であるクラーク・マーフィーによって最初に発表されました。
組織や企業が、持続可能性を組織の文化とリーダーシップの中心に据える方法を特定するために、RRAと国連グローバル・コンパクトは、60社に及ぶ持続可能性の先駆者であり、かつ商業的成果と並行して持続可能性の目標に焦点を合わせ、それに向けて前進したという顕著な実績を持つ世界中のCEOと取締役会メンバーのグループに対して詳細なインタビューと背景分析を実施しました。
この分析は、持続可能なリーダーの成功を促進する特性、行動、および差別化されたリーダーシップの属性を定義します。

Ariel Investments(アリエル・インベストメンツ)

世界有数の黒人の取締役のネットワークをサポートするためのパートナーシップ

Ariel Investmentsは、ラッセル・レイノルズ・アソシエイツと15年間提携しており、米国の主要な黒人の取締役をBlack Corporate Directors Conferenceに招集しています。この会議は、ベストプラクティスの開発、企業の多様性、インクルージョン、および黒人の取締役がそれぞれの役員室で公民権アジェンダを推進することを奨励することに焦点を当てています。
テーマは会議の期間を通じて変更されましたが、企業の多様性に対する行動の呼びかけは同じままであり、「3つのP」によって導かれています。

  1. People(人):企業は、組織のすべてのレベルにわたる多様性に取り組むことで、顧客のニーズを最もよく満たすことができます。
  2. Purchasing(購買):企業がさまざまな業界のマイノリティと契約関係を結ぶことをいとわない場合、企業のイメージは、彼らが協力するマイノリティビジネスおよびマイノリティエグゼクティブと同様に強化されます。
  3. Philanthropy(慈善活動):公民権団体やマイノリティコミュニティを対象とするその他の組織への慈善活動の貢献は、最終的には企業の従業員と顧客基盤を向上させるのに役立ちます。要するに、ダイバーシティとインクルージョンは、企業とそのサービスを提供する顧客にとって勝利の戦略です。

Black Corporate Directors Conferenceは、ダイバーシティとインクルージョンに対する当社の取り組みを強化し、志を同じくする他のビジネスリーダーと提携して真の変化をもたらすことを可能にします。

The 30% Club

S&P 100およびS&P500ボードでの性別の多様性の向上に取り組む創設パートナー

ラッセル・レイノルズ・アソシエイツは、30%Club Future Female Directors(将来の女性取締役)プログラムの創設パートナーであり、当社の取締役会の慣行は、米国の役員室の多様化を支援するという深いコミットメントを維持しています。
US 30%Clubは、2020年までにS&P 100において30%の女性ディレクターを達成することを目標に2014年6月に発足しました。2021年3月の時点で、S&P 100の取締役の30.47%が女性であり、発足時の20.2%から増加しています。さらに、すべてのS&P 100取締役会には、少なくとも1人の女性取締役がいます。 さらに勇気づけられることに、米国の会員は、取締役会で平均33.70%の女性を達成しました。これは、立ち上げ時の21.7%から増加しました。これは、ビジネスリーダーが変革を推進することを約束したときに達成できることの証です。
S&P 100の取締役会で女性取締役の目標を達成しましたが、S&P 500の数字は遅々としており全国の役員室で行われるべき作業はまだたくさんあります。
詳細(日本語):https://30percentclub.org/ja/ 

WHO Foundation

Covid-19ワクチン配布の取り組みのためWHO財団に協力

世界をリードする方法を改善するというコミットメントに基づいて、グローバルリーダーシップアドバイザリーおよびエグゼクティブ・サーチファームであるラッセル・レイノルズ・アソシエイツ(以下、RRA)は、低所得国向けにCOVID-19ワクチンに資金を提供するGavi COVAX AMCの資金調達を支援するために、WHO財団によって創設された、Go Give One Coalition Challengeキャンペーン参加企業に、国内外の有力企業と共に名を連ねました。
キャンペーン参加企業として、RRAは、コンサルタントと従業員、および世界中のクライアントとパートナーに、COVID-19ワクチンの1回接種に対して少なくとも5ドルを寄付するよう奨励する社内キャンペーンを実施しました。参加企業連合は、ワクチンの100万回分の費用を賄う500万ドルを調達することを約束しました。この取り組みは、5,000万人をキャンペーンに参加させるという目標でGo Give Oneをサポートしています。

RRAの最高経営責任者(当時)クラーク・マーフィーのコメント
「私たちの多くは、COVID-19ワクチンを接種する機会に恵まれており、パンデミック前の生活を再開し、家族や友人たちと安全に過ごすことができますが、世界中の多くの人はそれほど幸運ではありません。Go Give OneとGavi Allianceと協力することで、この恐ろしい病気から身を守る機会がなかった世界の人々にワクチンを提供できるようになります。
ビジネスとコミュニティのリーダーとして、私たちは困っている人々を助けるために行動を起こすことが不可欠です。パンデミックはまだ終息したわけではありませんが、この努力によって、世界中の何十万人もの人々に安全と安心をもたらすことができれば幸いです。」

取締役会およびCEO諮問委員会

豊かな経験、視点の多様性、専門知識の深さについてグローバルガバナンスリーダーを関与させる

当社の取締役会およびCEOの諮問委員会は、世界クラスの諮問委員会と連携して、規制、投資、CEO、および取締役会の取締役の視点を含むコーポレートガバナンスの専門知識を提供します。 この諮問委員会のメンバーは次のとおりです。

  • Jackson Tai(ジャクソン・タイ)
  • Ronald Williams(ロナルド・ウイリアムス) 
  • Michelle Edkins(ミッシェル・エドキンス)
  • Daniel Diermeier(ダニエル・ディアマイアー)
  • Frits van Paasschen(フリッツ・ファン・パーシェン)