Our Story

For more than 50 years, Russell Reynolds Associates has been committed to our purpose to improve the way the world is led. Our firm’s history is one of excellence, partnership and meticulous execution.

初めから「パーパス」ありきでした。

1966年、ラッセル・S・レイノルズJr.は銀行員としてのキャリアを捨て、米国の小規模なサーチファームに転職しました。当時は世界的にも企業は転換期を迎えていた時代。経済の変化、科学の進歩、テクノロジー、エンジニアリングによって生まれる課題や機会とともに、これまでにないスキルを持つリーダーが求められていました。彼はこの業界に惚れ込み、やがて自身のエグゼクティブ・サーチファームを設立したいと考えるようになりました。1969年、家族や友人から出資を募り、ビジネスパートナーのリー・ゲッツとともにニューヨーク市のマディソンアベニューにラッセル・レイノルズ・アソシエイツを開業しました。

当初からラッセル・レイノルズ・アソシエイツ(以下、RRA)は相互尊重と強い倫理観を文化とするダイナミックな会社でした。開業から数年間で、当社の深く幅広い専門知識やクライアントへの丁寧なアプローチが市場での評判を獲得し始めます。そうした勢いが、まずは米国内で、そして世界的にも驚くほどの成長へとつながりました。1977年にはすでに、RRAはエグゼクティブ・サーチ業界における6大企業のひとつとなり、1990年代には大手エグゼクティブ・サーチファームの中でも急成長を遂げた会社となりました。そして2000年の時点で、世界35か所にオフィスを構える企業となりました。

21世紀に入っても当社は成長を続けています。現在、RRAには世界各地の主要都市に46のオフィスを持ち、世界トップクラスの複雑な組織に対し、業界、機能、地域を越えて重大なリーダーシップ課題へのアドバイスを行っています。

設立当初に比べ、クライアントのニーズが進化してきた一方で、直面する根本的な課題は変わりません。つまり、未来をかたちにするスキルを持ち、市場やテクノロジーの破壊的な変化によって生まれるチャンスをつかみ取れる、新しいタイプのリーダーを求めているのです。当社は創業以来、現状維持ではなく未来を再定義する存在であり続けてきました。すべては実情を正確に把握し、未来に対応できるリーダーの発掘・育成によって、クライアントが時代を先取りできるようサポートするために。