リーダーシップ

当社のグローバル・リーダーシップ・チームは、世界各地のビジネスに対するユニークな視点を持つ多様な考え方の社員で構成されています。当社CEO、幹部、運営委員会、取締役会の面々を以下でご紹介します。

Clarke Murphy(クラーク・マーフィー)

Chief Executive Officer
New York

クラーク・マーフィーはラッセル・レイノルズ・アソシエイツの最高経営責任者であり取締役会の役員でもあります。CEOに任命される前は、当社CEO/ボード・サービス・プラクティスのグローバルリーダーを務めていました。

ラッセル・レイノルズ・アソシエイツでは、UnitedHealthグループやMSCIの取締役員サーチなど、業界内の重要なプロジェクトを多数運営してきました。さらにMasterCard、Genworth、ARAMARK、Duke Energyといった企業のCEO任命も行ってきました。CarlyleグループやWarburg Pincusなど、未公開株式投資業界での重要なサーチも行った経験があります。
 
これまでの経歴
エグゼクティブ・リクルーティング業界で25年以上のキャリアがあるクラークは、1988年にラッセル・レイノルズ・アソシエイツに入社。現在はニューヨークを拠点にしていますが、フランクフルトとロンドンのオフィスで過ごした経験もあります。ロンドンではデピュティ・カントリー・マネジャーを務めました。また、南北アメリカ大陸の責任者を務めたこともあります。ラッセル・レイノルズ・アソシエイツに入社する以前は、ハノーバー・トラスト・カンパニー(現在はJPMorgan Chaseの一部)の銀行員でした。
 
学歴
バージニア大学で歴史学の学士号を取得。

View Consultant Profile

clarke-murphy (2).jpg

     
 

Combining decades of global leadership experience, the Board of Directors at Russell Reynolds Associates provides guidance and insights that keep the firm at the forefront of the executive search and leadership advisory industry. Learn more about each member, their sector expertise and the vast knowledge they bring to the table.

Meet the board of Directors

 
     

Pascal Bécotte(パスカル・ベコット)

Country Manager, Canada
Global Sector Leader, Functional Practices 
Toronto

パスカル・ベコット博士は当社カナダ業務の責任者であり、世界各地のコーポレート・オフィサーが集まるグループの共同責任者でもあります。これには財務、人事、オペレーション&サプライチェーン、法務、企業コンプライアンス、総務などが含まれます。パスカルは当社のグローバルな執行委員会のメンバーとして、さらにヘルスケアチームおよびインダストリアルチームの一員として、全体的な人材戦略、特にリーダーシップ・アセスメント、後継者育成のほか、取締役やCEOをはじめとするシニアエグゼクティブの採用に関するアドバイスを世界中のクライアントに行っています。トロントとニューヨークのオフィスを行き来しています。
 
これまでの経歴
エグゼクティブ・サーチにおいて18年以上の経験を持つパスカルは、別の大手国際ファームのモントリオールオフィスでマネージングパートナーとして働いていました。ラッセル・レイノルズ・アソシエイツに入社する直前まではTarget Canadaグループの店舗担当副社長兼役員を務めていました。過去にはセールスとマーケティングに特化した採用およびコンサルティングを行う小規模ファームの社長も経験しています。初めはスポーツウェアメーカーの国内セールスマネジャーとしてキャリアをスタートさせました。
 
学歴
パスカルはカナダ王立軍事大学で工学物理学の学位を取得後、カナダ空軍の航空宇宙技術者として訓練を受けました。さらに、カナダのアサバスカ大学で経営管理の修士号と博士号を取得。CEO継承に関する研究と論文に力を注ぎました。フランス語と英語が堪能です。

View Consultant Profile

becotte-pascal.jpg

Ramón Gómez de Olea(ラモン・ゴメス・デ・オレア)

Country Manager, Spain
Madrid

ラモン・ゴメス・デ・オレアはマドリードやバルセロナなどにオフィスを構える当社のスペイン担当カントリーマネジャーです。取締役会、CEOアドバイザリー・パートナーズ、リーダーシップ&サクセション・プラクティスのシニアメンバーでもあります。ラモンは国内および海外のテクノロジー、工業、エネルギー部門に重点を置いたシニアエグゼクティブ・サーチを専門としています。未公開株式の取得、大規模合併のPMIプロセス、グローバル企業のCEO後継者育成計画における主なアセスメントの開発・実行における地域責任者も務めています。さらにラモンは取締役サーチ、後継者育成計画、取締役評価作業を専門としており、主にヨーロッパ、米国、ラテンアメリカでの財務サービス、工業部門、電気通信部門のアセスメントプロジェクトを実行してきました。
 
経歴
20年前にラッセル・レイノルズ・アソシエイツに入社したラモンですが、その前はマドリードのボストン・コンサルティング・グループでプロジェクトリーダーを務めていました。過去にはスペインの電気工学請負業者エレクノーで、カリブ地域アシスタントエリアマネジャー、フランス語圏のアフリカエリアマネジャーにも従事しました。また、スペイン海軍の将校を務めていたこともあります。
 
学歴
ICAIエンジニアリング・スクールで機械工学の学位を取得。ペンシルバニア大学のウォートン・スクールでMBAを、ローダー・インスティテュート・オブ・インターナショナル・スタディおよびペンシルバニア大学のスクール・オブ・アート・アンド・サイエンスでMAを取得しました。

View Consultant Profile

ramon-gomez-de-olea.jpg

Rhys Grossman(リース・グロスマン)

Global Sector Leader, Consumer
New York

リース・グロスマンは当社のコンシューマー部門およびコンシューマー・デジタル&メディア・プラクティスの共同責任者です。取締役会およびCEOアドバイザリー・パートナーズのメンバーでもあります。メディアおよびテクノロジー分野でのバックグラウンドを活用し、FTSE組織の人材およびイノベーションについて、特に影響力の大きいデジタルリーダーの採用およびアセスメントに重点を置いたアドバイスを行っています。また、未公開株式企業やベンチャー投資会社とのつながりも強く、ポートフォリオ企業のシニアリーダーを採用する業務にも携わっています。ロンドンを拠点に活動しています。
 
経歴
ラッセル・レイノルズ・アソシエイツに入社する以前、リースはインフレクション・プライベート・エクイティのメディア&テクノロジー部門でエグゼクティブ・アクロス・ポートフォリオ・インベストメントとして働いていました。その前はITVでストラテジー、プログラミング、マーケティング、デジタルサービスなどさまざまな役職を経験。リースはOC&Cストラテジー・コンサルタンツとプライスウォーターハウスクーパースで自身のキャリアをスタートさせました。
 
学歴
オックスフォード大学キーブル・カレッジで哲学、政治学、経済学の学士号を取得。プリンストラストのインターネット&メディアリーダーシップグループの議長を務めています。

View Consultant Profile

Grossman-Rhys.jpg

Simon Kingston(サイモン・キングストン)

Global Sector Co-Leader, Social Impact and Education
London

サイモン・キングストンは、2007年にラッセル・レイノルズ・アソシエイツに入社。その前は研究者でした。

 

学歴

ダブリン大学トリニティ・カレッジで歴史学の学士号を、オックスフォード大学で歴史学の博士号を取得。その後、オックスフォード大学の博士研究員、個別指導教員を経て数多くのカレッジで専任講師を務めました。サイモンはハーバード・ビジネス・スクールでリーディング・プロフェッショナル・サービス・ファームのエグゼクティブ・エデュケーション・プログラムを修了しています。英国アイルランド協会諮問委員会のメンバーで、アイルランドおよび英国の政治と歴史に関する論文を出版しています。また、ウエストコーク・ヒストリー・フェスティバルとキラーニー・エコノミック・カンファレンスの共同創設者でもあります。

View Consultant Profile

Kingston-Simon.jpg

Dana Krueger(ダナ・クルーガー)

Global Sector Leader, Healthcare
Amsterdam

ダナ・クルーガー博士はラッセル・レイノルズ・アソシエイツでグローバル・ヘルスケア事業を担当しています。ダナは管理職レベルおよび非管理職レベルで非常に困難なリーダーシップ問題に取り組む、ヘルスケア業界のクライアントに対して直接アドバイスを行っています。さらに科学と企業のイノベーション・アジェンダ推進をサポートすることへの情熱に突き動かされ、様々な業界のシニアR&Dリーダーシップ問題に関する委員会に参加しています。また、当社執行委員会の委員でもあります。アムステルダムとニューヨークを拠点にしています。
 
経歴
ラッセル・レイノルズ・アソシエイツに入社する前はモニター・グループ(現在はデロイトの一部)のグローバル・アカウント・マネジャーとヨーロピアン・ライフ・サイエンス・プラクティスの主要メンバーを務めていました。それ以前はハーバード大学の博士研究員、シドニー大学のフルブライト研究員として働いていました。
 
学歴
ヘルスケア・ビジネスウィメンズ・アソシエーション(HBA)およびAWIS(アメリカン・ウィメン・イン・STEM)のメンバーであり、アイビーサークルおよびハーバードクラブ・オブ・ネザーランドにも参加しています。ローレンス大学の生物学部を首席で卒業し、ハーバード大学で生物学の修士号と博士号を取得しました。

View Consultant Profile

Krueger-Dana.jpg

Margot McShane(マーゴット・マクシェイン)

Global Digital Transformation and Retail Practices
San Francisco

マーゴット・マクシェインは当社グローバル・デジタル・トランスフォーメーション&リテール・プラクティスとコンシューマー部門の責任者です。取締役会およびCEOアドバイザリー・パートナーズの中心メンバーでもあり、過去にはグローバル・コンシューマー・デジタル&メディア・プラクティスの共同責任者も務めました。専門はCEOおよび取締役会の後継者育成計画とサーチ・エンゲージメント、デジタル・コマース、マーケティング・サーチに関するクライアントへのアドバイスです。マーゴットは大きく成長するコンシューマー・テクノロジー企業だけでなく、小売業者、消費者向けビジネスといったデジタル・トランスフォーメーション、テクノロジー・イネーブルメント、急速に進化する戦略、変化するリーダーシップのソリューションを特定することが主なテーマとなる分野でのアドバイスを得意とします。さらにダイバーシティ&インクルーション、マーケティング・オフィサーズ、消費財プラクティスのメンバーでもあります。彼女のクライアントは国際的なフォーチュン500企業から未公開株式企業、ベンチャーファンド企業までさまざまです。サンフランシスコを拠点としています。
 
経歴
ラッセル・レイノルズ・アソシエイツに入社する前、マーゴットはギャップのグローバル・マネジメントでディレクターを務めていました。その前はザ コカ・コーラ カンパニーが買収したフレッシュジュース会社オドワラとウェットフィートのマーケティングディレクターでした。さらに前には、広告代理店に数年間勤務した経験もあります。そこでは主にプロクター&ギャンブルやクロロックスなどの包装品を扱うクライアントを担当していました。
 
学歴
ブラウン大学で政治学と歴史学の学士号を取得。

View Consultant Profile

McShane-Margot.jpg

Justus O’Brien(ユストゥス・オブライエン)

Global Sector Co-Leader, Board & CEO Advisory Partners
New York

ユストゥス・オブライエンは当社の取締役会&CEOアドバイザリー・パートナーズの共同責任者であり、ニューヨークオフィスの責任者でもあります。コーポレートガバナンスにおける取締役会およびCEO、CEO後継者育成計画、取締役会後継者育成計画およびリフレッシュメント、取締役会および委員会の評価、積極的行動、デジタル・トランスフォーメーション、ダイバーシティおよびガバナンスのベンチマークに関するアドバイスを行っています。ユストゥスは主要な産業部門すべてのFTSEやフォーチュン100企業にとって信頼できるアドバイザーです。所属に深く関与しており、多くの取締役会に参加しています。オックスフォード大学のアメリカ合衆国研究センターとアスペン・インスティテュートのビジネス&ソサエティプログラムでも諮問委員会に参加しています。また、アルンデル・キャピタルのディレクター、外交問題評議会のメンバーでもあります。
 
経歴
ユストゥスは消費者、ヘルスケア、工業、エネルギー、金融サービス、テクノロジーの各部門のグローバル企業にアドバイスを行うエグゼクティブ・サーチを数十年にわたって経験しています。当社への入社以前はサーチのキャリアを積みながら、さまざまなシニアリーダーシップの役割を担ってきました。ブラジル、スペイン、ベネズエラ、英国での居住・就労経験も豊富で、ビジネスソリューションにも徹底してグローバルな視点をもたらしています。
 
学歴
コーネル大学で英文学の学士号を、オックスフォード大学で哲学と政治学の修士号を取得。スペイン語とポルトガル語が堪能です。

View Consultant Profile

OBrien-Justus.jpg

Sachin Rajan(サチン・ラジャン)

Country Manager, India
Mumbai

サチン・ラジャンは当社ヘルスケアおよびコンシューマー部門のメンバーです。国内企業や多国籍企業の取締役、CEO、CxOレベルにアドバイスを行い、アジア太平洋地域のヘルスケア・プラクティスをまとめています。また、インドのカントリーマネジャーも務めています。
 
経歴
当社に入社前、サチンは大手グローバルサーチファームのインドオフィスでオフィスマネジャーを務めていたほか、ヘルスケア部門でグローバル・ジェネリック・イニシアチブの共同責任者も務めました。得意分野はヘルスケアですが、コンシューマー部門でも活躍していました。その前にはインドのブリストル・マイヤーズ スクイブでオンコロジー事業を立ち上げ統括していました。それ以前に南アジアのGEメディカルシステムで情報技術の垂直統合型ビジネスを率いていた経験もあります。そこではウィプロGEジョイントベンチャーのカントリーマネジャーも任されていました。キャリアの始まりはインドのランバクシーグループで、SRLランバクシーのジョイントベンチャーにより、南アジア初であり、現在も最大規模を誇る臨床研究室ネットワーク設立の立役者を務めました。
 
学歴
ムンバイのセント・ザビエルズ・カレッジで微生物学と生物化学の学士号を取得後、インドで有数のビジネススクールであるジャムナラル・バジャジ・インスティテュートでMBAを取得。

View Consultant Profile

Rajan-Sachin.jpg

Mary-Caroline (MC) Tillman(メアリー・キャロライン・ティルマン)

Global Sector Co-Leader, Financial Services
New York

メアリー・キャロライン・ティルマンは、ニューヨークを拠点とするラッセル・レイノルズ・アソシエイツのグローバル・ファイナンシャル・サービス部門の共同責任者です。10年以上にわたり、世界中のクライアントに金融サービスに関するアドバイスを行ってきました。彼女のクライアントには世界最大級の金融機関も複数含まれていて、多くの経営者やシニアリーダーから信頼できるアドバイザーとして認められています。また、オーストラリア、アジア、イギリス、ヨーロッパ、米国などさまざまな地域で、独自の視点と世界中の有能な人材を調整する能力を発揮しながら、CEOサーチおよびサクセションプロジェクトに従事してきました。サーチだけでなく取締役会/CEOサクセション、経営幹部のアセスメント、チームの構築、有能な人材の開発においても経験豊富です。メアリー・キャロラインは、クライアントが自社の戦略的アジェンダ、適切なリーダーシップがとれる人材、組織的な構造をうまく調和できるようお手伝いしています。
 
経歴
以前は大手エグゼクティブ・サーチファームでグローバル金融サービスと投資銀行業務を任されていました。その前はJPモルガンに13年勤務し、欧州投資銀行部門のマネジングディレクターとチーフオペレーティングオフィサーを務めました。EMEA投資銀行委員会のメンバーであり、ヨーロッパでJPモルガンのフランチャイズを発展させる際の主な原動力にもなりました。マネジメントチームに加わる前は、トロント、ニューヨーク、ロンドンで消費財産業を扱う合併吸収に従事していました。
 
学歴
カナダのアルバータ大学で商学士号を、ウェスタンオンタリオ大学のリチャード・アイビー・スクール・オブ・ビジネスでMBAを取得。

View Consultant Profile

Tillman-Caroline-Mary.jpg



Operating Committee(運営委員会)

Anthony Abbatiello(アンソニー・アッバティエロ)

Global Head of Leadership & Succession
New York

アンソニー・アッバティエロは当社のグローバル・リーダーシップ&サクセション事業の責任者です。リーダーシップ・マネジメントのコンサルティング歴は20年以上に及び、あらゆる業界のクライアントにアドバイスを行ってきました。組織の最適化を推進し、高いパフォーマンスのエグゼクティブチームを構築するための信頼できるアドバイザーとして活躍しています。アンソニーは経営幹部やシニアマネジメントとパートナーを組み、変化するクライアントのニーズに見合ったリーダーシップ・アセスメントやソリューションを提案し、移行やデジタル・トランスフォーメーションの時期にある組織を導いています。拠点はニューヨークです。
 
経歴
アンソニーはデロイトからラッセル・レイノルズ・アソシエイツにやってきました。デロイトではデジタル・ヒューマン・キャピタル事業を担当するシニアパートナーと、デロイト・リーダーシップのグローバルリードを務めていました。デロイトのリーダーシップ事業において市場参入、成長戦略、事業運営を担当していました。さらに受賞歴のある製品を使ったカルチャー事業を立ち上げ、最高レベルのグローバルトレンド・リサーチ・プログラムを主導していました。キャリアの始まりはアクセンチュアで、世界中のクライアントのために18年近くにわたり、革新的戦略とグローバル・オペレーティング・モデルを生み出すことで人事の効率性を上げるサポートしてきました。さらに、アンソニーはニューヨーク大学の非常勤教授も務めており、組織の評価および分析について大学院課程で教えています。
 
学歴
ビラノバ大学で国際ビジネスの経営学士を取得。

View Consultant Profile

abbatiello-anthony.jpg

Constantine Alexandrakis(コンスタンチン・アレクサンドラキス)

Region Coordinator, Americas
Chicago

コンスタンチン・アレクサンドラキスは、カナダとラテンアメリカを含むアメリカ大陸事業の責任者であり、取締役およびCEOアドバイザリー・グループの中心メンバーでもあります。コーポレートガバナンスにおける取締役会およびCEO、取締役会の効率性、取締役会の後継者育成計画およびリフレッシュメント、CEOの後継者育成計画、リーダーシップ移行に関するアドバイスを行っています。シカゴを拠点とするコンスタンチンは、幅広い業界の株式公開会社および民間企業と密接にかかわっています。
 
経歴
ラッセル・レイノルズ・アソシエイツに入社する前、コンスタンチンはウェブソリューション・プロバイダーのホストウェイで事業部長を務めていました。タワーズペリンの戦略コンサルタント、ユナイテッド航空のファイナンシャルアナリストとして働いていたこともあります。現在はジュニア・アチーブメント・オブ・シカゴおよびアン&ロバートH.ルーリー・チルドレンズ・ホスピタル・ファンデーションの役員を務めるほか、イーストバンククラブとエグゼクティブクラブ・オブ・シカゴの役員も務めています。フロリダバーのメンバーでもあります。
 
学歴
プリンストン大学で経済学の学士号を取得、優秀な成績で卒業しました。その後シカゴ大学のビジネススクールでMBAを、マイアミ大学のロースクールで法務博士を取得しています。

View Consultant Profile

alexandrakis-constantine.jpg

Eric Allen(エリック・アレン)

General Counsel
New York

エリック・アレンはラッセル・レイノルズ・アソシエイツの法務統括責任者および書記であり、コーポレートガバナンス、リスク管理、倫理、データプライバシー、知的財産、グループ構造に関連する問題など、あらゆる法的事項の責任者です。世界の雇用法や慣行についてのアドバイスも行っています。
 
経歴
ラッセル・レイノルズ・アソシエイツに入社する前、エリックは国際的な未公開株式企業のヒックス・ミューズ・テート&ファーストのチーフ・リーガル・オフィサーを務めていました。その前はシントロリウムのアソシエイト・ジェネラル・カウンセルとして、代替エネルギーの株式公開企業の主な事業契約の交渉や契約書の作成を担当していました。コノコフィリップスとベイカー・ボッツの顧問弁護士を務めていたこともあります。
 
学歴
スタンフォード大学で歴史学の学士号を、SMUデッドマン・スクール・オブ・ローで法務博士を取得。ロースクールではロー・レビュー誌の編集長も務めました。

rra-eric-allen.jpg

Kathleen Fitzpatrick(キャサリーン・フィッツパトリック)

Chief Information Officer
New York

キャサリーン・フィッツパトリックはラッセル・レイノルズ・アソシエイツのチーフ・インフォメーション・オフィサーです。ニューヨークを拠点に、テクノロジー戦略全般の推進と、主なISイニシアチブに対するリーダーシップとサポートの提供を担当しています。

経歴
ラッセル・レイノルズ・アソシエイツに入社する前、キャサリーンはシティグループのグローバル開発およびシェアードサービスの責任者を務め、シティ・プライベート・バンクのグローバルITソリューション開発を担当していました。その前はUBSウェルス・マネジメントのフロント・オフィス・テクノロジー責任者として、主要なブローカープラットフォーム、クライアント・オンラインサービス、IDおよびセキュリティ管理、ウェルス・マネジメント・ツールセット、運用勘定、エンタープライズ・データウェアハウスなどのフロントオフィス技術を監督していました。さらにその前は、ペイン・ウェーバーで高齢者の増加における技術的役割を担当していました。
 
学歴
ビンガムトン大学で数学とコンピューターサイエンスの学士(理学)を取得。

kathleen-fitzpatrick.jpg

Nils Hopmann(ニルス・ホップマン)

Global Sector Coordinator
Hamburg

ニルス・ホップマンは当社ヘルスケア部門の共同責任者です。世界各地の製薬、医療技術、医療サービスに携わるクライアントのほか、未公開株式企業のクライアントに対するグローバル戦略を考案しています。ニルスは世界市場とトレンドに対する深い理解とさまざまな地域での豊富な経験を利用し、カスタマイズされたソリューションの考案や、複雑な課題(後継者育成計画、取締役会の評価、M&Aなど)を抱える国際的事業に対して的を絞ったリソースの提供を行っています。ニルスは中国やドイツなど複数の国で働いた経験があります。現在はニューヨークを拠点にしています。
 
経歴
ラッセル・レイノルズ・アソシエイツに入社する前、ニルスはGEヘルスケア・インターナショナルのマネジメントチームに所属し、ヨーロッパ地域のゼネラルマネジャーを務めていました。また、買収とそれに伴う統合プロセスにも関与していました。その前はGEの旧ITソリューション・ヨーロッパ事業の業務責任者を務めたほか、セールス、サービス、社内コンサルティングのリーダーシップ役を担当し、その中でシックスシグマの経験を積みました。
 
学歴
パッサウ大学でMBAに相当する学位を取得。英語が堪能です。

View Consultant Profile

hopmann-nils.jpg

Matthias Oberholzer(マティアス・オーバーホルツァー)

Co-Regional Coordinator, EMEA
Zurich

マティアス・オーバーホルツァーはヨーロッパ、中東、アフリカ地域の共同コーディネーターとスイスのカントリーマネジャー、保険の共同責任者を務めています。保険、銀行、未公開株式企業のクライアント業務が中心です。チューリッヒを拠点に、国内および海外のクライアントの全般管理と上級機能職に関する業務を担当しています。
 
経歴
ラッセル・レイノルズ・アソシエイツに入社する前、マティアスはマッキンゼー&カンパニーに8年間勤務し、ドイツとスイスに加えてアフリカ、ヨーロッパ、北米全域の保険、銀行、スポーツ分野のクライアントを担当していました。ヨーロッパとスイスの保険業務においてリーダーシップの役割を務め、クレーム処理、契約査定、バンカシュアランス、イノベーション、スイスの保険市場といった分野での知識の発展をリードしました。シニアエグゼクティブ産業会議での発表や、保険に関する高度なトレーニングで指導した経験もあります。マッキンゼー入社前は独立企業家として複数の会社を創設・売却していました。
 
学歴
ザンクトガレン大学で経営管理の学士号と保険経済学のMBAを取得。さらにカーネギー・メロン大学でe-コマースの修士号を、バーゼル大学で保険経済学の博士号を取得しています。

View Consultant Profile

Oberholzer-Matthias.jpg

Peter L. O’Brien(ピーター・オブライエン)

Regional Coordinator, Asia Pacific
Sydney

ピーター・オブライエンはコーポレートガバナンス、取締役会の効率性、後継者育成計画、エグゼクティブ開発、リーダーシップ・サーチ、移行に関する取締役会およびCEOの信頼できるアドバイザーです。当社グローバル取締役会およびCEOアドバイザリー・グループの中心メンバーであり、アジア太平洋地域の事業を統率しています。これまでピーターはグローバル・サプライチェーン・プラクティスとグローバル・インダストリアル・サービス&インフラストラクチャー部門のリーダーを務め、今も両部門のメンターとして活躍しています。
 
経歴
2007年にラッセル・レイノルズ・アソシエイツに入社する前は、DHLのアジアを拠点とした独立事業の運営責任者を務めており、世界中の企業に完全に統合されたサプライチェーンのソリューションを提供していました。DHLとその親会社であるドイツポストでは、ヨーロッパを拠点にしてグローバル・サプライチェーンのシニアマネジメントを担当。その前はプライスウォーターハウスクーパースやTNTにも勤務していました。ピーターは弁護士としてキャリアをスタートさせ、フィリップス・フォックス・ロイヤーズで法人顧問弁護士を務めていました。
 
学歴
オーストラリアのクイーンズランド工科大学で商学士と法学士、さらに法学修士を取得。

View Consultant Profile

OBrien-Peter.jpg

Paul Ottolini(ポール・オットリーニ)

Chief Financial Officer
New York

ポール・オットリーニはグローバル金融業務の管理、戦略とパフォーマンスの関連付け、財務報告と予算管理の監督を担当しています。当社の運営委員会に所属し、50名以上の金融および会計のプロフェッショナルで構成されるグローバルチームを管理しています。
 
経歴
ラッセル・レイノルズ・アソシエイツに入社する前、ポールはIBMのグローバル事業サービス部門のCFOとして、600名以上の金融のプロフェッショナルで構成されるチームを監督し、GBS部門の財務および営業実績の責任者を務めました。その前はデロイトに23年間勤務し、社内の財務および営業に関するさまざまな役割と、デロイト・コンサルティングの一環としてクライアントサービスを担当していました。デロイトでの最後の役割としてCFO代理を務め、デロイトの米国事業における報告、計画、予測、パフォーマンス分析の責任者を務めました。キャリアの始まりはゼネラルモーターズで、ソフトウェア技術者およびプロセス・リエンジニアリング・リードとして働いていました。
 
学歴
ケタリング大学の電子&コンピューターエンジニアリング学部を首席で卒業。さらにハーバード・ビジネス・スクールではベーカー・スカラーとしてMBAを取得し、最優秀の成績で卒業しました。

ottolini-paul.jpg

Eren Rosenfeld(エレン・ローゼンフェルド)

Chief Human Capital Officer
New York

エレン・ローゼンフェルドはグローバル人材戦略の開発および実施に関するあらゆる側面を担当しています。
 
経歴
ラッセル・レイノルズ・アソシエイツに入社する前は、ブラックロックで人材開発のグローバルヘッドを務めていました。その中で、世界中のブラックロック社員14,000人に対するトレーニング、リーダーシップ開発、コーチング、評価を担当しました。最近では、主な戦略イニシアチブの考案を監督し、学習とキャリア開発の拡大縮小およびシステム化をはかり、深く多様化したリーダーシップ、有能なマネジャー、イノベーションの推進、ミーティングの改善に携わりました。
過去にはバンク・オブ・アメリカ・メリルリンチのリーダーシップ開発エグゼクティブとして、ニューヨークと香港で10年近く勤務しました。在職中は人材計画、パフォーマンス管理、チーム開発、新人研修、組織デザイン、ダイバーシティ&インクルージョン、学習に特化していました。また、アクセンチュアでもヒューマン・パフォーマンス・プラクティスに13年間従事し、クライアントを担当しました。
ローゼンフェルトはチルドレンズ・エイドの評議員を務め、学習とシミュレーションの分野で15の特許を持つ発明家でもあります。
 
学歴
ブラウン大学で経営学の学士号を取得。

rosenfeld-eren.jpg

Amy Scissons(エイミー・シソンズ)

Chief Marketing and Communications Officer
New York

エイミー・シソンズはラッセル・レイノルズ・アソシエイツのチーフ・マーケティング&コミュニケーション・オフィサーです。ニューヨークを拠点に、マーケティング、PR、ブランディング、社内/社外コミュニケーションなど当社のグローバル・マーケティングとコミュニケーションを監督しています。

経歴
ラッセル・レイノルズ・アソシエイツに入社する前、エイミーはグローバル人材コンサルティング・ファームであるマーサーの国際的地域でチーフ・マーケティング・オフィサーを務めており、41か国100以上の都市でマーケティング業務を統率していました。20年以上の経験から、専門知識は複数の業界と世界市場にまで及び、統合マーケティング戦略、デマンドジェネレーション、顧客中心のデジタル/データドリブンマーケティングに特化して、高いパフォーマンスのチームを引っ張ってきました。
 
学歴
マギル大学で歴史学の学士号とMBAを取得。さらにHEC経営大学院で国際ビジネスの修了証を取得し、ESADEビジネススクールでは特別講師として講義を行ったこともあります。英語、スペイン語、フランス語が堪能です。

amy-scissons.jpg

リーダーシップ

当社のグローバル・リーダーシップ・チームは、世界各地のビジネスに対するユニークな視点を持つ多様な考え方の社員で構成されています。当社CEO、幹部、運営委員会、取締役会の面々を以下でご紹介します。